都市生活研究所メールマガジン

都市生活研究所メールマガジンとは

最新レポートやおすすめレポート、暮らしに関わるコラムなどをタイムリーにお知らせします。
(毎月第一木曜配信)

バックナンバー

▼ 2017年4月号

東京ガス都市生活研究所メールマガジン
2017年 4月号
━━━━━━━━━━・・ ・ ・  ・  ・

NEW都市生活レポート

 『 熊本地震後にみる
   首都圏の生活者の地震防災意識と実態 』

発行者:東京ガス株式会社 都市生活研究所
http://click.tokyo-gas.co.jp/c.p?02cvxSZaNX

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


東京ガス都市生活研究所では、生活者のライフスタイル研究を幅広く行い、生活に役立つ情報提供を行っていきたいと考えております。

※このメールマガジンは、東京ガス都市生活研究所研究員がこれまでにお会いさせて頂いた方、及び弊研究所ホームページよりお申し込み頂いた方に配信させて頂いております。


//【目次】////////////////


1.最新のコラム

◆温泉に行きたい

 ※関連レポート
 「現代人の入浴事情2015」


2.最新の都市生活レポート

◆「熊本地震後にみる
  首都圏の生活者の地震防災意識と実態」


//////////////////////


1.最新のコラム
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆温泉に行きたい
 (2017年 4月掲載)

 年度が替わるこの時期、忙しく、慌ただしく過ごす日が続くと、私の場合は「温泉に行きたい」という願望が湧いてきます。切羽詰まってきた時は、「これが終わったら温泉に行くぞ!」と自分を励ましたりしています。最近では、都内でも近郊の温泉地からお湯を運んできて営業しているような施設もあり、気軽に温泉気分を味わえるので、ますます「温泉に行きたい」気持ちに拍車がかかっています。
 温泉でなくても、お風呂にゆっくり浸かって心身をリフレッシュしている、という人も多いことと思います。図1は一都三県在住の15歳から79歳の男女2600名に「お湯に浸かる入浴が好きか」尋ねた結果です。男女とも、いずれの年代でも概ね●割前後の人が「好き」「まあ好き」と答えており、「好きではない」「あまり好きではない」の割合は●割程度に留まっています。。。

【掲載データ】
図1 お湯に浸かる入浴が好きか
図2 入浴の目的(夏季、冬季)


▽このコラムを読む
http://click.tokyo-gas.co.jp/c.p?12cvxSZaNX


▽関連レポートをダウンロードする

「現代人の入浴事情2015」
http://click.tokyo-gas.co.jp/c.p?22cvxSZaNX


2.最新の都市生活レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆「熊本地震後にみる
  首都圏の生活者の地震防災意識と実態」
 (2017年3月発行)

 都市生活研究所では、東日本大震災以降、継続して首都圏の生活者の地震防災意識と実態の変化を追っています。
 震災後、地震防災意識は徐々に低下していましたが、2016年4月に発生した熊本地震の情報を見聞きして、どのように変化したのでしょうか。
 本レポートでは、調査分析から明らかになった、熊本地震前後の地震防災意識の変化と課題を報告します。


▽この資料をダウンロードする
http://click.tokyo-gas.co.jp/c.p?32cvxSZaNX


□--あなたとずっと、今日よりもっと。--□

変化し続ける都市生活者のライフスタイルを
研究しています

発行者:東京ガス株式会社 都市生活研究所
〒105-8527 東京都港区海岸1-5-20
http://click.tokyo-gas.co.jp/c.p?42cvxSZaNX

□--------------------□


*メールアドレス等の登録変更はこちら
⇒https://e-com.tokyo-gas.co.jp/MlmgReg/Upd/UpdStart.aspx?KEY=01

*配信停止はこちら
⇒https://e-com.tokyo-gas.co.jp/MlmgReg/Upd/UpdStart.aspx?KEY=01

*お問い合わせはこちら
⇒ulemaga@tokyo-gas.co.jp

*メールマガジンに掲載された内容を許可なく転載することを禁止します。
Copyright(c) TOKYO GAS Co., Ltd. All rights reserved.

このページの先頭へ