研究レポート

レポート詳細

くらしの中でのガス暖炉の価値~国内ガス暖炉ユーザーの意識と実態~

カテゴリ 住まいと暮らし 
発行年 2010年10月
作成目的 日本において、一般家庭への暖炉の設置が増加傾向にあり、代表的な薪暖炉に加えて、ガス暖炉の設置が増えているようである。 これまでの海外の薪暖炉ユーザーの調査からはリラックスなどの価値が明らかになっているが、薪暖炉とは見た目や形態が異なることが多いガス暖炉の価値については明らかになっていない。そこで、ガス暖炉ユーザーを対象とした調査から価値および今後の方向性を探ることを目的とする。
内容要旨 ガス暖炉の価値は「インテリア性」「炎の美しさと炎によるリラックス」「使いやすさ」の3点に集約される。
ノンユーザーにとっても、暮らしの中で炎の存在は望まれており、暖炉の普及により、使用意向が高まることが推測される。

このページの先頭へ