研究レポート

レポート詳細

親子での入浴に関する実態調査

カテゴリ お湯と風呂文化 家族・世代 
発行年 2007年11月
作成目的 浴室は親子の距離が近く、お湯のリラックス感やテレビなど会話の妨げになるものがないことから、親子のコミュニケーションに最適である「親子入浴」の実態を調査
内容要旨
  • 父親、母親ともに8割以上が子どもと一緒に入浴している。
  • 父親の約半数は平日にも子どもと一緒に入浴しているが、その理由は「コミュニケーションのため」。そして、父親自身も子どもとの入浴を楽しんでいる。
  • 子どもとの入浴中に一緒にすることは「会話」「遊び」「学び」

このページの先頭へ