研究レポート

レポート詳細

Uni時代の生活キーワード

カテゴリ 住まいと暮らし 
発行年 2009年03月
作成目的 3年毎に実施している生活定点観測調査結果から、今後のライフスタイルの方向性を予測した。
内容要旨 1990年を始点に3年ごとに実施している「都市生活者の意識・行動観測(通称:生活定点観測)」調査の結果から、都市生活者の暮らしの今を捉え、今後の ライフスタイルの方向性を予測。2008年度の調査では、Uni化(ニーズは多様化だけでなく、一様化・中庸化へ)の傾向が見られた。このような方向性の 中で、ニーズを創造するための生活キーワードとして浮かび上がってきたのは、「家族・おうち」「省く」「環境」である。

このページの先頭へ