研究レポート

レポート詳細

生活レシピ2005 "消費自由層から探る近未来のライフスタイル"

カテゴリ 住まいと暮らし 
発行年 2004年12月
作成目的 生活レシピは、年に一度、研究員全員でひとつのテーマを選び、そのテーマについて生活者の視点から鋭く探ることで創られる。 2005テーマは、「消費自由層のライフスタイル」。
内容要旨

最近の消費動向を監察すると、消費の自由度が高い、いわゆる「富裕層」と呼ばれる人たちのライフスタイルの一部を生活(衣食住)に取り入れる人が増加していることがわかる。今後、「少子化」「生活経費の低下」「共働き世帯像による世帯収入の増加」などの現象により、「裁量所得が増える世帯」=「自由に使えるお金が増える世帯」がさらに増えていくことが予測され、ますます消費自由度の高い人たちが増えている。これらのことから憧れのライフスタイルをうみだしてきた富裕層、つまり、消費自由層の現在のライフスタイルやその行方をとらえることは、近未来のライフスタイル予測につながると考えられる。
1. 消費自由層のライフスタイルキーワードは「楽」「質の追求」「自分」
2. 消費スタイルは、5つのタイプに分類される
(自分向けこだわり消費派、計画的消費派、ゆとりこだわり派、ワンランク上派)
3. 何となくお金がなくなっている派
4. 今後は、「家」にお金を使う人が増える
5. キーワードは、家と指名

(PDF形式:約20MB)

このページの先頭へ