研究レポート

レポート詳細

寒い住宅の健康リスクを知ろう!高齢者が安心して住める家

カテゴリ 住まいと暮らし 
発行年 2019年11月
作成目的

高齢化の進展を背景として、高齢期の住まいのあり方が注目され始めている。
長寿命化により、退職後の期間が長期化していることに加え、高齢者の多くは、自宅での生活の継続を望んでいるためである。住み慣れた我が家で、健康で長く過ごすためには、何が大切になるのだろうか。
都市生活研究所では、これまであまり知られていない「寒さによる住まいの健康リスク」に着目し、対策の一助となり得る、健康で快適な暮らしのための住まいの最新知見を紹介する。

内容要旨

・住まいが高齢期の健康に与える影響が重視されるも、高齢者は住まいの充実に無関心

・国内外の最新知見"寒い住宅が健康に及ぼすリスク"とは?

・対策:足元を暖めることで、血圧を下げる可能性

・高齢者が安心して住める"暖かい住宅のすすめ"

サマリー

このページの先頭へ