バスルーム・トイレを使う

洗面器を使って3リットルも水を節約

手や顔は水をためて洗う

手や顔を洗う際、1分間水を流すと約5Lにもなります。洗面器に水をためて洗うと約2Lで済み、使う水の量を大幅に減らすことができます。

  • ためて洗う
    2.1円/日

  • 流しっぱなし
    5.2円/日

年間の省エネ効果

  • 1,148円

  • 4.4㎥

  • 2.4kg

※1日1回×365日として算出

※1分間の水の流しっぱなし(5L)にした場合とため洗い(2L)をした場合の比較

高断熱浴槽なら追いだきコストも半分に

保温性の高い浴槽を選ぶ

浴槽を買い替えるときには、保温性の高い浴槽を。お湯が冷めにくくなるので、足し湯や追いだきに使うエネルギーを減らすことができます。

  • 高断熱浴槽
    11.4円/日

  • 通常浴槽
    26.1円/日

年間の省エネ効果

  • 5,360円

  • 16.3㎥

  • 59.4kg

※1日1回×365日として算出

※高断熱浴槽と通常浴槽で40℃の湯を6時間放置後追いだきした場合

お風呂を沸かしたら家族で続けて入ろう

時間をあけずに入浴する

お風呂にふたをしても、湯温は2時間で約2℃下がります。入浴時間にあわせて沸かし、家族が続けて入浴すれば、沸かし直しは不要です。

年間の省エネ効果

  • 3,174円

  • 15.9㎥

  • 35.2kg

※1日1回×365日として算出

※40℃に温められた180Lの湯を、2時間後に冷めてから追いだきした場合と追いだきしない場合

高効率ガス給湯器なら1年で約2万5千円も節約

高効率ガス給湯器を選ぶ

ガス給湯器を買い替えるときには、省エネタイプの高効率ガス給湯器(エコジョーズ)を選びましょう。

  • 高効率型
    358.7円/日

  • 従来型
    426.5円/日

年間の省エネ効果

  • 24,751円

  • 124.2㎥

  • 274.4kg

※暖房の定格効率を従来型:0.81、高効率型:0.87、給湯のエネルギー消費効率を従来型:76.8%、高効率型:93%とした場合、床面積120.08㎡の戸建住宅にて4人が使用するものとして算出

シャワーヘッドを変えるだけで節水!?

節水シャワーヘッドを使う

水を「出す/止める」を手元のスイッチで切り替える省エネタイプのシャワーヘッドを使えば、使用時間が短くなり、水もガスも節約できます。

  • 節水
    シャワーヘッド
    106.3円/日

  • 通常
    シャワーヘッド
    132.9円/日

水道代も
ガス代も
お得に!

年間の省エネ効果

  • 9,704円

  • 29.5㎥

  • 14.6㎥

  • 73.1kg

※1日1回×365日として算出

※シャワー湯量を10L/分とし、節水シャワーヘッド・通常シャワーヘッドともに5分ずつ使用した場合、4人分で算出

熱すぎるシャワー、省エネにはNG

シャワーの設定温度を下げる

冬に入浴するときは、シャワーの設定温度を上げがちです。設定温度を2℃下げ、40℃に設定することで、約9%の省エネになります。

  • 40℃
    80.5円/日

  • 42℃
    88.6円/日

年間の省エネ効果

  • 2,939円

  • 14.7㎥

  • 32.6kg

※1日1回×365日として算出

※1人あたり5分(50L)シャワーを使用したときに、シャワーの給湯温度を42℃から40℃に下げた場合

1分で10リットル節約
家族×1年なら・・・?!?

シャワーを1分短縮する

出しっぱなしにしがちなシャワー。ひとり1日1回1分、使用時間を短くするだけで省エネになります。小まめにお湯を止める習慣をつけましょう。

  • シャワー5分
    93.6円/日

  • シャワー6分
    112.4円/日

シャンプー中は
お湯を止めよう

年間の省エネ効果

  • 6,835円

  • 29.5㎥

  • 3.7㎥

  • 67.1kg

※1日1回×365日として算出

※シャワー湯量10L/分としてシャワーを5分流した場合と6分流した場合、4人分で算出