風呂文化研究会

  • 風呂文化研究会が考えるニッポンのお風呂
  • 浴育のすすめ
  • Mezame
  • バス・リラクセーション
  • わが家のお風呂50年史

浴育のすすめ

「浴育」について

「浴育」とは、入浴を通じて生涯の心身の健康をより良く育むために、入浴の効果や入浴方法、お風呂の楽しみ方などを学ぶこと。入浴の基本である、「ぬるめのお湯の半身浴」を習慣づけると、成人になってからの「リラックス浴」や、中高年以降の「安全入浴」にもつながり、生涯にわたって、役立てることができます。

Vol.2 「おふろにはいろう!」
Vol.4 「はじめての銭湯」Vol.3 「健美浴の王道」
Vol.1 「浴育のすすめ」Vol.5 「運動とお風呂のいい関係」

(注)入浴の基本
子どもから高齢者まで全ての人におすすめの入浴法は、「ぬるめのお湯の半身浴」です。
37~40℃のみぞおちの下ぐらいのお湯量のお湯につかる半身浴は体に負担をかけずに体をあたため、かつリラックスできる入浴法です。

「浴育のすすめ」シリーズ

Vol.5 運動とお風呂のいい関係

Vol.5 運動とお風呂のいい関係

近年、健康のためにスポーツを楽しむ人が増えています。
日々の運動で疲れたら、お風呂に入ってリフレッシュしましょう。
入浴は汗や汚れだけでなく、カラダの「疲れ」もキレイに洗い流してくれます。

Vol.4 はじめての銭湯

Vol.4 はじめての銭湯

銭湯など家の外のお風呂の楽しみ方とマナーをご紹介します。
小学校6年生のフウタとユウスケが初めての銭湯体験を通して、マナーを学び、友情を深めていくマンガです。

Vol.3 健美浴の王道

Vol.3 健美浴の王道

「美しくなりたい」という願いは、今や女性だけのものではありません。
風呂文化研究会では、健康と美容に効果的な入浴法を「健美浴」と名づけ、生活を豊かにする「大人の浴育」として提案します。

Vol.2 おふろにはいろう!

Vol.2 おふろにはいろう!

親子入浴は子どもの入浴習慣を身につけるのに最適な機会です。
入浴の役割や安全で快適な入浴方法、入浴の楽しみ方について、 親子向けに分かりやすく紹介します。

Vol.1 「浴育のすすめ」

Vol.1 「浴育のすすめ」

お風呂場は親密なコミュニケーションに最適な場所です。
毎日の「浴育」を楽しみましょう。
風呂文化研究会では、育児参加に意欲的なパパや親子生活を楽しむパパが増えていることに着目し、「浴育」を提案します。

ページの上部へ戻る

このページの先頭へ