研究レポート

レポート詳細

二世帯住宅に住む親世帯と子世帯の交流実態と意識

カテゴリ コミュニティ 住まいと暮らし 
発行年 2014年07月
作成目的

親世帯と子世帯の同居率は長年低下してきたが、近年「二世帯住宅」が注目を集めている。本レポートでは、二世帯住宅における子育てや家事の実態と意識から、親世帯・子世帯それぞれにとっての二世帯住宅の価値を探った。

内容要旨

■二世帯住宅に住む「親世帯」は、「子世帯」の生活をサポート。
・親世帯は子世帯の育児や家事を支援しており、孫の成長を見られることを一番のメリットと感じる一方で、生活のペースを乱されたり、経済的負担が増えるデメリットも感じている。
・子世帯は、育児や家事支援などに対する親世帯への感謝の気持ちは大きいが、子育てに干渉されることはデメリットと感じている。


■親世帯は、「娘との二世帯」の方が「息子との二世帯」より、育児などで生活のペースを乱されることが多い。


■室内で「行き来できる」住宅の方が「行き来できない」住宅より、子世帯は満足。

サマリー

このページの先頭へ