研究レポート

レポート詳細

日常の中で災害に備える工夫を ~ローリングストックで備蓄し、美味しく楽しく食べる~

カテゴリ 環境・エネルギー 食生活と食文化 
発行年 2018年12月
作成目的

災害への備えとして、3日~1週間分の水・食料の備蓄が推奨されており、備え方としては、保存のきく普段の食品を買い足して備蓄する「ローリングストック(日常備蓄)」が注目されている。「非常食」ついての実態と意識を調査した結果を踏まえて、日常の中で災害に備える工夫を紹介する。

内容要旨

◇地震だけでなく、台風や集中豪雨への不安が大きく
・「台風」と「集中豪雨」を不安に思う人が増加
・災害への不安を感じる人は、女性の方が多い


◇水や食料を備蓄している人は7割以上だが、見直し忘れも
・7割以上の人が水や食料を備蓄しているが、若年層では低い
・非常食の見直しを忘れる人、賞味期限切れにする人も多い


◇「ローリングストック(日常備蓄)」への関心は高い
・ローリングストックを「行っている+行いたい」人は7割以上
・「非常食」をおいしく調理できる方法を知りたい人が、半数以上


◇備蓄した食料を、美味しく楽しく食べる "サバイバルナイト"
・家庭での「災育」に、非日常を体験する "サバイバルナイト" を

サマリー

このページの先頭へ