研究レポート

レポート詳細

東京ガスの「浴育のすすめ™」 "暖かい"入浴のすすめ

カテゴリ お湯と風呂文化 
発行年 2017年11月
作成目的

入浴は、欠かせない生活行為の一つであり、生涯続くものである。東京ガスは、幼い時期から高齢期までライフステージに合わせた効果的な入浴方法やお風呂の楽しみ方について、「浴育のすすめ™」※1として提案している。今回は、冬場の入浴に焦点を当て、寒い浴室・脱衣室のリスクと、安全な入浴のためのポイントをまとめた。
※1 「浴育のすすめ」は東京ガスの登録商標です。(登録第5307196号等)

内容要旨

■浴室や脱衣室を暖め、温度のバリアフリー化を
・気温が低い冬場には入浴事故が増加 要因の一つは「ヒートショック」


■浴室・脱衣室の現状
・築年数が経過した住宅ほど、浴室や脱衣室は寒い
・浴室の室温が低いほど湯温が高い傾向にある


■高齢者は特に注意を
・高齢者は室温の変化により血圧が変動しやすいものの、寒さを感じにくい


■安全な入浴のために
・温度のバリアフリー化を中心に、安全な入浴を心がけましょう

サマリー

このページの先頭へ