研究レポート

レポート詳細

東京ガスの「浴育のすすめ™」 親子入浴のすすめ

カテゴリ お湯と風呂文化 
発行年 2018年02月
作成目的

入浴は、欠かせない生活行為の一つであり、生涯続くものである。東京ガスは、幼い時期から高齢期までライフステージに合わせた効果的な入浴方法やお風呂の楽しみ方について、「浴育のすすめ™」※1として提案している。今回は、今親子入浴について調査した結果をもとに、お風呂ならではの親子の過ごし方や、快適な親子入浴のための環境づくりについて紹介する。
※1 「浴育のすすめ」は東京ガスの登録商標です。(登録第5307196号等)

内容要旨

■親子入浴は貴重な時間
・母親も父親も約9割が「親子で入浴する時間は貴重な時間だ」と回答
・子供と一緒に入浴できるのは小学校4年生くらいまで


■お風呂は親子コミュニケーションの場
・お風呂だからこそ親子コミュニケーションを行いやすい
・子供と一緒に入浴すするとき「困ったことがある」親は、子供が幼い時期であるほど多い


■親子入浴のための快適な環境
・敏感な皮膚の子供のため、お湯はぬるめにし、浴室は暖かくする
・浴室を清潔に保つため、ハウスクリーニングの検討もおすすめ
・親子での楽しい入浴を実現する快適な空間もイメージしながら、住宅を選んでみる

サマリー

このページの先頭へ