研究レポート

レポート詳細

東京ガスの「浴育のすすめ™」 「入浴×美容」のすすめ

カテゴリ お湯と風呂文化 
発行年 2018年02月
作成目的

入浴は、欠かせない生活行為の一つであり、生涯続くものである。東京ガスは、幼い時期から高齢期までライフステージに合わせた効果的な入浴方法やお風呂の楽しみ方について、「浴育のすすめ™」※1として提案している。今回は東京ガスが考える「入浴×美容」を提案する。
入浴は、肌に内側から潤いを与える。その効果を引き出す秘密は、入浴後の過ごし方にある。入浴後までトータルで、心と肌を良い状態に整えることが、東京ガスが考える「入浴×美容」である。

※1 「浴育のすすめ」は東京ガスの登録商標です。(登録第5307196号等)

内容要旨

■女性の約6割が「洗面室」でスキンケアを行っている
・美容行為の場所としての「洗面室」ニーズに着目


■洗面室でのスキンケアの理想と現実
・女性はスキンケア空間に憧れを持っている
・洗面室の不満TOP3は、1位:家族と重なる、2位:収納、3位:温湿度環境


■美容タイプ別にみた洗面室の空間ニーズ
・美容への関心が高い女性は、洗面室にもこだわりたい


■入浴×美容には、快適な温湿度環境が必要
・入浴後の肌水分を保つためには適切な温湿度環境が大切
・「入浴×美容」で心と肌を整える豊かな暮らしを

サマリー

このページの先頭へ