研究レポート

レポート詳細

子供の勉強実態と親の意識

カテゴリ 住まいと暮らし 家族・世代 
発行年 2014年10月
作成目的

都市生活研究所では、子供の家での過ごし方について、小学生~高校生の子供とその親を対象に調査を行い、その結果を「家で子供が過ごす部屋(2014年3月発行)」「子供に聞いた自分の部屋と家族に対する意識(2014年5月発行)」にまとめた。本レポートでは子供の勉強に着目し、受験期とそれ以外では、勉強実態や意識にどのような違いがあるのか、また、子供の勉強場所に関する親の希望についての結果をまとめた。

内容要旨

■受験期かどうかで自宅での勉強時間は大きく異なる。
・平日の自宅での勉強時間は、受験期の子供の6~7割が1時間以上。受験期以外の子供は2~5割に下がる。


■中学受験期の6割以上、高校受験期の4割以上、大学受験期の2割以上がリビング・ダイニングで勉強している。
・勉強場所は学齢とともにリビング・ダイニングから子供部屋へと移るが、ダイニングテーブルやリビングの座卓で受験勉強をしている子供も少なくない。
・受験期には、塾や予備校の自習室を利用する割合が高くなる。


■親が希望する勉強場所は、小学生はリビング、中高生は子供部屋。
・リビング・ダイニングでの勉強に対する親の満足理由は、「勉強を見てあげられる」「勉強しているかどうかがわかる」。
・子供部屋での勉強に対する親の満足理由は、「ひとりの方が集中できる」。

サマリー

このページの先頭へ