研究レポート

レポート詳細

プライベートはウチ余暇を楽しむ ~家で日常を大切にする、新しいフツウの暮らし~

カテゴリ 住まいと暮らし 
発行年 2018年04月
作成目的

東京ガス都市生活研究所が1990年から3年ごとに行っている「生活定点観測調査」から生活者の意識・行動の変化の兆しを捉えたところ、余暇の意識や過ごし方の変化が見られた。生活者が望むこれからのライフスタイルを予測する。

内容要旨

余暇に関する調査を実施。家で楽しむウチ余暇派が多いことがわかった。余暇の過ごし方ニーズからウチ余暇クラスターを作成し、共働き子育て層のニーズを探るとともに、ニーズをかなえるウチ余暇の過ごし方を提案。


◇仕事より、余暇を楽しむ生活へ
・生活の力点を「余暇」におく人が過半数を占めるように
・余暇の過ごし方は、特別なレジャーより家での日常重視へ


◇余暇の過ごし方は、 ウチ余暇派が多い
・ウチ余暇の過ごし方ニーズで最も多いのは、「つながり重視タイプ」


◇共働き子育て層の求めるウチ余暇とは
・共働き子育て層は、「ウチ余暇よくばりタイプ」の割合が高い
 男性は「おまかせタイプ」、女性は「バランスタイプ」も多い
・共働き子育て女性は、ひとり入浴やお手入れ時間を充実させたい


◇共働き子育て層は、子供と一緒に「食」を楽しみたい
・子供と料理をしながらコミュニケーションをとりたい

サマリー

このページの先頭へ